将来性が見込める介護業界への転職を考えている人は増えています。
それでは、どのようにして介護の仕事探しをするのが効率的なのでしょうか。
介護の仕事探しでまず最初に活用したいのが、各自治体のハローワークです。
ハローワークは求人情報案件数が日本最大規模で、誰でも無料で利用することができます。
担当スタッフが一緒に求人情報を探してくれるというのもおすすめポイントです。

しかし、いくつかの注意点もあります。
まず、ハローワークは平日の夕方までしか営業していません。土日祝日が休みで、定時が17:00までというような会社員は、ハローワークを利用すること自体が困難になります。
現職を退職後に転職活動を始めるという方法もありますが、収入がストップしてしまったり、すぐに転職先が見つからなかったりなどのリスクも伴うので慎重な判断が必要です。
また、ハローワークは企業側が無料で掲載でき、比較的審査が甘いので、ブラック企業が混じっていることも否定できません。
ブラック企業の見分け方は求人票である程度判断できるため、他の企業に比べて不自然に条件が良かったり、掲載期間が極端に長い企業は避けたほうが良いです。

これらの点を注意すれば、全国的に慢性的な人員不足に陥っている介護士の募集は豊富にあるので、異業種からでも参入自体はそこまで難しくないでしょう。
あとは担当スタッフにアドバイスをしてもらいながら、納得のいく仕事探しをしましょう。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2018 ハローワークの豆知識☆. All Rights Reserved